【有馬記念】ブラストワンピース 大竹師「ワクワクしています」

416

有馬記念
ブラストワンピース

ただ1頭、3歳の身で挑むのはブラストワンピース(牡3、大竹)。ダービー(5着)、菊花賞(4着)と、GⅠではあと一歩及ばないが、夏のGⅢ新潟記念では古馬を撃破しているように脚力は確か。有馬記念男・池添を背に一発をもくろむ。

【有馬記念】ミッキースワロー 菊沢師「一発あっても」

<<下に続く>>

強い3歳世代

大竹調教師は「前走はまれにみるスローからの瞬発力競馬。最もスピードが上がる地点で、大外を回って脚を使う形になり、厳しくなってしまいましたね。幸いダメージは少なく、背腰の痛みもほぼなかったので、中間はいつも以上に負荷をかけられてきました。追い切りもいい動きでしたよ。今年の有馬記念は違う方面からの参加もあって、僕自身もワクワクしています。いい結果を出したいし、皆さんと一緒に楽しみたいですね」と抱負を語った。