【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント

16日、阪神競馬場で行われた朝日杯フューチュリティステークス、レース後ジョッキーコメントは以下の通り。

1着 アドマイヤマーズ
M.デムーロ騎手
「本当に強い、どんどん成長している、すごく頭良いし、競馬を分かっている。僕と同じで負けたくない気持ちなのがすごく嬉しいですね。今日はスタートをポンと出てグランアレグリアを見てちょうどいいと思いました。直線良い脚で伸びました。思った通りでしたね。グランアレグリアを見ながら行こうと思っていました。どんどん成長しているし頭が良いし、もうちょっと成長したら来年も楽しみですね」

2着 クリノガウディー
藤岡佑介騎手
「グランアレグリアの後ろをついて行きましたが、多少ハミを噛んでしまった分、勝ち馬に並べませんでした。来年が楽しみになりました」

3着 グランアレグリア
ルメール騎手
「このレベルでの併せ馬の経験がなくこれまでと反応が違いました。彼女のバランス悪くなって内ラチにもたれました。経験の差だと思います。レースはスムーズでリラックスして息が入りましたが、反応がそんなに早くなかったです」

4着 ファンタジスト
武豊騎手
「結果的に内枠の方がいい展開でした。マイルまでは問題ないです。折り合いもついたし最後まで伸びてます」

5着 ディープダイバー
川田将雅騎手
「どうしても内にささる難しさが出てしまうのですが、それでも掲示板に来れてるわけですから、現状の精一杯は出してくれてると思います」

6着 エメラルファイト
W.ビュイック騎手
「スタートの後、フワッとして行けませんでした。最後はいい脚で伸びているだけに…ペースは遅くないけど真ん中くらいにはいないといけないですね」

7着 アスターペガサス
福永祐一騎手
「良いポジションで流れに乗れました。最後まで一生懸命走ってくれました」

11着 コパノマーティン
坂井瑠星騎手
「3コーナーから手応えはなかったのですが、ラストはじわじわと伸びてくれました」

12着 ドゴール
津村明秀騎手
「ペースが上がった時について行けませんでした」

13着 ケイデンスコール
C.デムーロ騎手
「今日は走る気が強く出ませんでした。勝った馬が強かったです」

14着 ソルトイブキ
四位洋文騎手
「怖がって走っていて、今日は何もさせてもらえなかった。また500万下から出直します」

【朝日杯FS】ルメール「これまでと反応が…」グランアレグリア3着敗退

レース結果、詳細は下記の通り。

16日、阪神競馬場で行われた11R・朝日杯フューチュリティステークス(G1・2歳オープン・芝1600m)で2番人気、M.デムーロ騎乗、アドマイヤマーズ(牡2・栗東・友道康夫)が快勝した。2馬身差の2着にクリノガウディー(牡2・栗東・藤沢則雄)、3着に1番人気のグランアレグリア(牝2・美浦・藤沢和雄)が入った。勝ちタイムは1:33.9(良)。

【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント
【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント

デムーロ渾身の騎乗でグランアレグリアを競り落とす

【朝日杯FS】武豊「内枠の方がいい展開…」レース後 ジョッキーコメント

デムーロ渾身の騎乗がアドマイヤマーズを勝利に導いた。好スタートをきったアドマイヤマーズは、番手をとったグランアレグリアを見るようにピタッとマークし、3番手の位置で競馬を進めた。隊列に大きな動きがないまま勝負どころを迎えると、勢いをつけてグランアレグリアにプレッシャーをかけるように一気に並びかけ、直線の攻防へ。早々と先頭に立ったアドマイヤマーズは圧倒的人気のグランアレグリアを相手にせずそのまま押し切ってゴール。同馬は無傷の4連勝を決めた。

アドマイヤマーズ 4戦4勝
(牡2・栗東・友道康夫)
父:ダイワメジャー
母:ヴィアメディチ
母父:Medicean
馬主:近藤利一
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 アドマイヤマーズ
2着 クリノガウディー
3着 グランアレグリア
4着 ファンタジスト
5着 ディープダイバー
6着 エメラルファイト
7着 アスターペガサス
8着 ヒラソール
9着 イッツクール
10着 マイネルサーパス
11着 コパノマーティン
12着 ドゴール
13着 ケイデンスコール
14着 ソルトイブキ
15着 ニホンピロヘンソン

※主催者発表のものと照らし合わせください