【香港カップ】グロリアスフォーエバーが逃げ切り!ディアドラは猛追も2着

9日、香港のシャティン競馬場で行われた8R・香港カップ(G1・3歳上・芝2000m)で4番人気、S.デソウサ騎乗、グロリアスフォーエバー(せん4・香・F.ロー)が快勝した。1馬身差の2着に日本馬のディアドラ(牝4・栗東・橋田満)、3着にタイムワープ(せん5・香・A.クルーズ)が入った。勝ちタイムは2:01.71(良)。

2番人気のJ.モレイラ騎乗のサングレーザー(牡4・栗東・浅見秀一)は4着、W.ビュイック騎乗のステファノス(牡7・栗東・藤原英昭)は9着敗退。

【香港マイル】香港馬ビューティージェネレーションが圧勝!ヴィブロスが2着争いを制する

ディアドラ2着、サングレーザー4着、ステファノス9着

スタートから先手を奪ったグロリアスフォーエバーがG1初挑戦で香港カップを制した。日本のサングレーザーは馬群の中団4番手、5番手にディアドラ、ステファノスは後方から進みやや縦長の展開でレースは進んだ。直線に向いて外からサングレーザー、ディアドラが追い上げにかかるも、グロリアスフォーエバーが粘りに粘って止まる気配がない。ラスト100mでディアドラが猛追してくるも時すでに遅く、2着に飛び込むのが精一杯だった。