【香港マイル】香港馬ビューティージェネレーションが圧勝!ヴィブロスが2着争いを制する

9日、香港のシャティン競馬場で行われた7R・香港マイル(G1・3歳上・芝1600m)で1番人気、Z.パートン騎乗、ビューティージェネレーション(せん6・香・J.ムーア)が快勝した。3馬身差の2着に日本馬のヴィブロス(牝5・栗東・友道康夫)、3着にサザンレジェンド(せん6・香・C.ファウンズ)が入った。勝ちタイムは1:33.52(良)。

2番人気でM.デムーロ騎乗のペルシアンナイト(牡4・栗東・池江泰寿)は5着、C.ルメール騎乗のモズアスコット(牡4・栗東・矢作芳人)は7着敗退。

【香港スプリント】ファインニードルは伸びきれず8着敗退…香港のミスタースタニングが連覇

<<下に続く>>

ビューティージェネレーションが連覇 ヴィブロスがラストランで2着

香港馬のビューティージェネレーションが圧倒的な強さを見せてこのレース連覇となった。道中で先頭を奪い、直線でも突き放す完勝。ゴール前は楽々流して他馬を寄せ付けなかった。日本勢はヴィブロスは中団から、ペルシアンナイトは後方4番手付近、はモズアスコットは後方2番手を追走して直線勝負に徹する形になった。勝負所から外目をヴィブロス、ペルシアンナイトが上がって行き直線の追い比べとなると、日本馬が三頭並ぶような形で末脚勝負となったが、先に抜け出したビューティージェネレーションには遠く及ばず2着争いまでとなった。大激戦の2着を制したのはラストランのヴィブロスが抜け出し、勝利とはならなかったものの最後まで懸命に走りきった。