【阪神7R】武豊マリオが逃げ切りV

154

9日、阪神競馬場で行われた7R・3歳上500万下(ダ1800m)で4番人気、武豊騎乗、マリオ(牡3・栗東・安達昭夫)が快勝した。2馬身差の2着にスプレーモゲレイロ(牡5・栗東・高柳大輔)、3着にメイショウテンシャ(牡4・栗東・池添兼雄)が入った。勝ちタイムは1:53.9(良)。

1番人気でB.アヴドゥラ騎乗、アルマトップエンド(牡3・栗東・佐々木晶三)は、7着、2番人気で藤岡康太騎乗、メガフレア(牡4・栗東・加用正)は、6着敗退。

【中山5R/新馬】森泰斗「センスのいい馬」キングスバレイがデビューV

<<下に続く>>

デビュー以来1年以上振りの2勝目

スタートで躓くもダッシュを決めて先手を主張しマイペースへ持ち込んだ。3コーナー手前から後続に突かれるような展開になったが、12.5前後のラップを推移して先頭を譲ることなくポジションをキープ。直線は後続に飲み込まれることなく、終わってみれば前後半50.5-51.0とミドルペース。ラストは13.2とやや止まってしまったが、2馬身差をつけて逃げ切りを決めた。

マリオ 6戦2勝
(牡3・栗東・安達昭夫)
父:エスポワールシチー
母:ヤマトマリオン
母父:オペラハウス
馬主:サン
生産者:坂東牧場