【中山2歳新馬】デアフルーグが9馬身差の圧勝

227

2日、中山競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(ダ1800m)で1番人気、津村明秀騎乗、デアフルーグ(牡2・美浦・鈴木伸尋)が快勝した。9馬身差の2着に2番人気のアラゴネーゼ(牝2・美浦・和田正一郎)、3着にカーブドシール(牡2・栗東・浜田多実雄)が入った。勝ちタイムは1:54.7(良)。

【中山4R】ヴィエナブローが抜け出す!菜七子通算51勝目で斤量変更へ

<<下に続く>>

ベーカバド産駒 デアフルーグ

デアフルーグが人気に応えてデビュー戦を快勝した。道中は中団の位置で淡々とレースを進めると勝負どころから直線にかけて抜群の手応えで進出。追い出されると一気の伸び脚を見せて後続をグングンと突き放し、2着に9馬身差と楽勝のゴールを決めた。

デアフルーグ 1戦1勝
(牡2・美浦・鈴木伸尋)
父:ベーカバド
母:パイクーニャン
母父:フレンチデピュティ
馬主:西森鶴
生産者:隆栄牧場