【葉牡丹賞】シークレットランがレコードで2勝目

60

1日、中山競馬場で行われた9R・葉牡丹賞(2歳500万下・芝2000m)で7番人気、内田博幸騎乗、シークレットラン(牡2・美浦・田村康仁)が快勝した。1馬身差の2着に1番人気のランフォザローゼス(牡2・美浦・藤沢和雄)、3着にサトノラディウス(牡2・美浦・国枝栄)が入った。勝ちタイムは1:59.6のレコード(良)。

2番人気で戸崎圭太騎乗、ボスジラ(牡2・美浦・国枝栄)は、8着敗退。

<<下に続く>>

ダンカーク産駒のシークレットラン

【葉牡丹賞】シークレットランがレコードで2勝目

シークレットランが直線豪快な差し切り勝ちを決めた。道中は中団やや後方から折り合い良くレースを進めると、外目から徐々に進出し直線大外へ展開。鋭い末脚を繰り出し先行各馬をまとめて抜き去った。従来の2歳コースレコードを0.3縮める1:59.6と強い競馬で快勝した。

シークレットラン 3戦2勝
(牡2・美浦・田村康仁)
父:ダンカーク
母:カールファターレ
母父:キングカメハメハ
馬主:亀井哲也
生産者:ノーザンファーム