ルメール騎手が年間200勝達成!武豊騎手以来史上2人目

60

1日、阪神競馬場で行われた第12レースで、アディラートに騎乗したC.ルメール騎手が1着となり、2005年の武豊騎手以来となる、史上2人目の年間200勝を達成した。

【チャレンジC】エアウィンザーが4連勝で重賞初制覇!

<<下に続く>>

武豊騎手以来の年間200勝で最多勝超えも目前

今年はG1を8勝と絶好調のルメール騎手がアディラートを勝利に導き年間200勝に到達。レースでは3番手からいつでも前をかわせる手応えでラスト1ハロンから抜け出しを図ると、そのまま押し切ってゴール。アディラートはちょうど1年前と同じルメール騎手で久々の勝利を飾った。昨年は199勝と僅か1勝届かず記録達成を逃したが、今年はJRAの競馬開催1ヶ月を残して早々と勝利数を更新し、武豊騎手が持つ年間最多212勝も目前に迫ってきた。最多勝記録も射程圏に捉え、更新の期待が懸かる。

JRA年間200勝
C.ルメール騎手
「ありがとうございます。ついにです。もちろん素晴らしいです。私にとって今年一番の目標でした。私にとって素晴らしい仕上げです。去年は惜しかったです。今年は200勝取ることが出来てすごく嬉しいです。(周りの友達の方々)来てくれてありがとうございます。あと1ヵ月ありますけど、武さんのレコードを取りたいです(笑)毎競走頑張らないといけないです。良い馬に乗ったらあと12勝勝てると思います。一番大事なのは無事にレースに乗りたいです。また応援してください。ファンにも感謝しています。毎週応援してくれてありがとうございます。今年は素晴らしい年でした。応援してくれてありがとうございました。またよろしくお願いします」