【チャンピオンズC】ノンコノユメ 直線の長いコースで本領発揮

62

チャンピオンズカップ
ノンコノユメ

2月のフェブラリーSの勝ち馬で、3年前には本レースでも2着しているノンコノユメ(セン6、加藤征)。近走は3戦続けて4着にとどまっているが、直線の長いコースは本領発揮の舞台だ。

【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴ 3歳馬ながら主役を務める

<<下に続く>>

内田博「馬を信じて」

主戦の内田博は「前走後も変わらずきていますね。追い切りも変わらずいい感じでした。前走(JBCクラシック4着)は直線はいい脚を使ってくれて、久々のコーナー4つの競馬にも対応してくれていましたよ。ただポテンシャル的には、もっと能力があるとも思うので、それをうまく引き出したい。馬を信じて、馬の気持ちにそってレースをして、それでいい結果を出せれば」と意気込みを語った。