【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴ 3歳馬ながら主役を務める

299

チャンピオンズカップ
ルヴァンスレーヴ

デビューから7戦6勝。前走の南部杯では昨年の最優秀ダートホース・ゴールドドリームを破ったルヴァンスレーヴ(牡3、萩原)が、3歳馬ながら今年の主役をつとめる。

【チャレンジC】レイエンダ 順調な仕上がりでタイトル獲得へ

<<下に続く>>

萩原師「今回もいいパフォーマンスを」

萩原調教師は「しっかり作っていきたいと思い、先週水曜は坂路でしたが、今週はウッドチップで追い切りました。キリの影響で十分に確認はできませんでしたが、乗り手の感触は良かったです。前走は古馬を完封。3コーナーあたりでの動き方がとても良く、非常に強い競馬でした。今回もいいパフォーマンスを競馬でお見せできれば」とコメントした。