【チャレンジC】レイエンダ 順調な仕上がりでタイトル獲得へ

132

チャレンジC
レイエンダ

前走のG2セントライト記念で2着と敗れ、デビューから続いていた連勝がストップしたレイエンダ(牡3、藤沢和)。しかし初めての重賞挑戦を思えば、決して悲観するような内容ではなかった。偉大な兄(レイデオロ)の背中を追いかけ、ここから再び仕切り直す。

【ステイヤーズS】アルバート 同一重賞4連覇に挑む

<<下に続く>>

藤沢和師「改めて期待したい」

藤沢和調教師は「順調だね。いい体つきをしているよ。前走はテンにモタモタしていたし、流れも向かなかった印象。それでも最後はいい脚を使っていたからね。阪神はいい競馬場だし、強い馬は菊花賞やジャパンCに行ったはず。改めて期待したい」とタイトル獲得へ期待を寄せた。