【ベゴニア賞】アントリューズが差し切りで連勝を決める

111

25日、東京競馬場で行われた7R・ベゴニア賞(2歳500万下・芝1600m)で3番人気、戸崎圭太騎乗、アントリューズ(牡2・美浦・栗田徹)が快勝した。3/4馬身差の2着にココフィーユ(牝2・美浦・斎藤誠)、3着に2番人気のリバーシブルレーン(牡2・美浦・高木登)が入った。勝ちタイムは1:34.7(良)。

1番人気でC.ルメール騎乗、ルガールカルム(牝2・美浦・田村康仁)は、6着敗退。

【京都2歳新馬】マカヒキ全弟 ウーリリがデビュー勝ち!

<<下に続く>>

ロードカナロア産駒のアントリューズ

【ベゴニア賞】アントリューズが差し切りで連勝を決める

戸崎圭太騎乗のアントリューズがココフィーユ、リバーシブルレーンとの追い比べを制して2連勝のゴールを決めた。レースでは中団の外目でいつでも動けるポジションをキープし直線スパートを開始すると、3頭横並びのゴール前を制して勝利を飾った。圧倒的人気のルガールカルムは直線伸び切れず6着敗退。

アントリューズ 3戦2勝
(牡2・美浦・栗田徹)
父:ロードカナロア
母:シーズオールエルティッシュ
母父:Eltish
馬主:山口功一郎
生産者:ノーザンファーム