土曜東京6R新馬はオーヴァルエースが9馬身差の圧勝

24

24日、東京競馬場で行われた6R2歳新馬(ダ1600メートル)は、1番人気に推されたヘニーヒューズ産駒・オーヴァルエースが9馬身差の圧勝を飾った。道中は中団でおっつけおっつけ。4コーナーでの手応えも怪しく、万事休すかと思われたが…そこからが違った。直線で外に持ち出されるとエンジン全開。あっという間に先頭に立つと、そのまま後続を突き放してワンサイド勝ちをおさめた(勝ち時計1分38秒9)。

土曜東京5R新馬は戸崎圭騎乗のグレイスアンが1番人気にこたえてV

<<下に続く>>

課題をクリアしていけば楽しみな素材

騎乗した蛯名は「子供っぽくて、掛かりそうな雰囲気があったんですよね。だから結果的にああやって道中馬群で砂をかぶる形になったのは良かったかも。ただそれにしても道中はハミをとりませんでしたけどね(苦笑)。まぁまだ今回が初めての競馬でしたし、最後は見ての通りですから。これから1個1個課題をクリアしていってくれれば楽しみです」と将来性を評価していた。