【オータムリーフS】断然の人気に応えてコパノキッキングが快勝

219

25日、京都競馬場で行われた11R・オータムリーフステークス(3歳上オープン・ダ1200m)で1番人気、藤岡康太騎乗、コパノキッキング(せん3・栗東・村山明)が快勝した。クビ差の2着にジューヌエコール(牝4・栗東・安田隆行)、3着にワンダーリーデル(牡5・栗東・沖芳夫)が入った。勝ちタイムは1:10.8(良)。

2番人気で酒井学騎乗、スマートアヴァロン(牡6・栗東・西園正都・担当装蹄師/西内荘)は、7着敗退。

【京阪杯】ダノンスマッシュが最内から抜け出す!重賞初V

<<下に続く>>

まだ底を見せぬ好素材

コパノキッキングは先行集団やや後ろ、馬群の中を追走しながら徐々に進出すると直線で外から徐々に前に詰め寄った。ゴール寸前で先に抜け出したジューヌエコールを捉えデビューから7戦目で早くも5勝目。圧倒的人気に応えて見事にオープン初勝利を飾った。

コパノキッキング 7戦5勝
(せん3・栗東・村山明)
父:Spring At Last
母:Celadon
母父:Gold Halo
馬主:小林祥晃
生産者:Reiley McDonald