【キャピタルS】グァンチャーレがゴール前の大混戦を制する!

251

24日、東京競馬場で行われた11R・キャピタルステークス(3歳上オープン・芝1600m)で6番人気、松岡正海騎乗、グァンチャーレ(牡6・栗東・北出成人)が快勝した。クビ差の2着に2番人気のタワーオブロンドン(牡3・美浦・藤沢和雄)、3着にベルキャニオン(牡7・美浦・堀宣行)が入った。勝ちタイムは1:32.6(良)。

1番人気で横山典弘騎乗、ダイワキャグニー(牡4・美浦・菊沢隆徳)は、7着敗退。

【ラジオN杯京都2歳S】 クラージュゲリエが人気に応える!武豊ワールドプレミアは3着

<<下に続く>>

ギリギリまで抜け出しを我慢し勝利へ導いた松岡騎手

【キャピタルS】グァンチャーレがゴール前の大混戦を制する!

今年に入って6戦して未勝利も、2着3回、3着2回とマイラーズカップ以外は馬券圏内を走破していたグァンチャーレが約2年振りの勝利を飾った。ゴール前、外からタワーオブロンドンが強襲するもクビ、ハナの大接戦で馬群の真ん中からグイッと抜け出し、嬉しい久々の勝利となった。

グァンチャーレ 35戦4勝
(牡6・栗東・北出成人)
父:スクリーンヒーロー
母:チュウオーサーヤ
母父:ディアブロ
馬主:松本俊廣
生産者:中央牧場