【東京2R】断然人気レッドベルディエスが差し切り!

71

24日、東京競馬場で行われた2R・2歳未勝利(芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎乗、レッドベルディエス(牝2・美浦・鹿戸雄一)が快勝した。2.1/2馬身差の2着にサピアウォーフ(牝2・美浦・斎藤誠)、3着にレコルダーレ(牝2・美浦・畠山吉宏)が入った。勝ちタイムは1:35.5(良)。

2番人気で大野拓弥騎乗、グレルグリーン(牡2・美浦・相沢郁)は、4着敗退。

【ジャパンカップ】枠順と見所 アーモンドアイは最内枠

<<下に続く>>

単勝1.1倍の圧倒的人気に応える

デビュー戦で2着敗退も、3着以下に7馬身差をつけていたレッドベルディエスが圧倒的人気に応えた。スタートから終始外目を進みながらも、手応え良く直線をむかえて追い出しを開始。直線半ばでも脚色にはまだまだ余裕があり前を捉えるときっちりと差し切ってゴール。デビュー戦の着差の通りでこのクラスでは力の違いを見せつけた。

レッドベルディエス 2戦1勝
(牝2・美浦・鹿戸雄一)
父:ディープインパクト
母:レッドファンタジア
母父:Unbridled’s Song
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム