【京都2歳新馬】グランデルカクが追い比べを制してデビューV!

30

24日、京都競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1800m)で3番人気、藤岡佑介騎乗、グランデルカク(牡2・栗東・吉田直弘・担当装蹄師/西内荘)が快勝した。クビ差の2着にスーパーアロイ(牡2・栗東・大根田裕之)、3着にカムアップロージズ(牡2・栗東・高柳大輔)が入った。勝ちタイムは1:55.0(良)。

2番人気で武豊騎乗、メイショウハナモリ(牡2・栗東・本田優)は、5着敗退。

【ジャパンカップ】枠順と見所 アーモンドアイは最内枠

<<下に続く>>

父にケープブランコ

グランデルカクは外からダッシュ良く切れ込んで行き、3番手の位置をキープ。やや前がかりの大きく縦長の展開となったが、勝負所から積極的に押し上げて行き4角先頭で直線へ向いた。ゴールまで続いたスーパーアロイとの激しい追い比べを凌ぎきって、嬉しいデビュー勝ちを飾った。

グランデルカク 1戦1勝
(牡2・栗東・吉田直弘・担当装蹄師/西内荘)
父:ケープブランコ
母:アニムス
母父:ゴールドアリュール
馬主:グランデオーナーズ
生産者:グランデファーム