【京都4R】サトノルークスが先行抜け出しで快勝!姉にタッチングスピーチ

85

24日、京都競馬場で行われた4R・2歳未勝利(芝1800m)で1番人気、J.モレイラ騎乗、サトノルークス(牡2・栗東・池江泰寿)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にトロハ(牝2・栗東・浜田多実雄)、3着にモンオール(牝2・栗東・平田修・担当装蹄師/西内荘)が入った。勝ちタイムは1:48.4(良)。

2番人気でC.デムーロ騎乗、ガラチコ(牡2・栗東・藤岡健一)は、6着敗退。

【ジャパンカップ】枠順と見所 アーモンドアイは最内枠

<<下に続く>>

2017セレクトセールで約2億9000万という良血馬

昨年のセレクトセールで超高額の値をつけたサトノルークスが圧倒的人気に応えて初勝利を飾った。デビュー戦こそ生きっぷりがもうひとつという雰囲気で僅かに届かず2着に敗れたが2戦目でしっかりと変身。スタートから楽に先行すると4角先頭の積極的な競馬を展開。3馬身半差の楽勝で圧倒的人気に応えた。

サトノルークス 2戦1勝
(牡2・栗東・池江泰寿)
父:ディープインパクト
母:リッスン
母父:Sadler’s Wells
馬主:サトミホースカンパニー
生産者:ノーザンファーム