松岡正海騎手が騎乗停止 阪神JFのウインゼノビアは騎乗不可

67
松岡正海騎手

24日、東京競馬場でおこなわれた第11レースのキャピタルステークスで、グァンチャーレに騎乗した松岡正海騎手が騎乗停止処分を受けた。

グァンチャーレは最後の直線半ばで外側に斜行し、その影響を受けたハーレムラインの進路が狭くなった。この件について2018年12月1日(土)〜12月9日(日)の9日間の騎乗停止が決定した。それにより松岡騎手は阪神JFのウインゼノビアなどへの騎乗が不可能となった。