【浦和記念】田辺「自分から動いていって勝てた」オールブラッシュが圧勝

187

23日、浦和競馬場で行われた浦和記念、勝利ジョッキーコメント。

1着 オールブラッシュ
田辺裕信騎手
「去年はまだこの馬とコンビを組むことはなかったんですけども、今年に入ってから続けて乗せてもらって、段々この馬の癖というか特徴もつかめてきてそれで結果が出て良かったです。ワンペースというか、それでいてスタートが他の馬より特別速いわけでもないので、本当は楽に逃げた競馬をしてみたいんですけど、自分の馬が行きたいと思って速い馬がいたり、思い通りにいかないレースがけっこう多いんですけれども、その中でこの馬の力の出し方を考えていました。ゲート出てからは先手取りたいなと思って出していたんですけど、今日先行馬がちょっと多くてとても逃げまで持っていけなかったので、切り替えた競馬になりました。人気どこが前の方に行っていて、けん制し合っている流れだったので、自分はプレッシャー受けずに競馬が出来たっていうのが良かったんだと思います。早めにスパートしたいっていうのは逃げていてもあの位置からでも、どっちでもそんな競馬がしたいなと思っていたので予定通りでしたけども、あそこで突き放せる手応えが残っていたことが今日の馬の状態がすごく良かったからじゃないかなと思います。今までの競馬の中ではすごい粘ってくれたんじゃないかなと思います。あの時(川崎記念)の競馬も見ていたんですけれども、少し逃げてて楽なペースというか、少し相手にされなかったというかなんというか、うまくいって勝ったという感じだったんですけども、今日は控えた競馬で自分から動いて行って勝てたので、内容的にはすごく良かったんじゃないかなと思います。寒い中、祝日わざわざ浦和競馬場に来ていただいてありがとうございました。今日は馬のメンバーもジョッキーもメンバーもすごい良い中で競馬が出来て、結果が残せて良かったです。ありがとうございます」

レース結果、詳細は下記のとおり。

23日、浦和競馬場で行われた10R・浦和記念(Jpn2・3歳上オープン・ダ2000m)で4番人気、田辺裕信騎乗、オールブラッシュ(牡6・栗東・村山明)が快勝した。4馬身差の2着に1番人気のグリム(牡3・栗東・野中賢二)、3着にクリソライト(牡8・栗東・音無秀孝)が入った。勝ちタイムは2:05.4(良)。

2番人気でJ.モレイラ騎乗、アポロケンタッキー(牡6・栗東・山内研二)は、4着敗退。

<<下に続く>>

約1年10ヶ月振りの勝利

オールブラッシュが1頭だけ全く違う走りを見せて独走のゴールを決めた。先行争いを見ながら6番手付近を追走すると、2週目3コーナーから前をまとめてかわし、一気に先頭に躍り出た。直線も独走となり、終わってみれば4馬身差とまったく危なげない走りで後続に影をも踏ませぬ快走を見せた。

オールブラッシュ 31戦7勝
(牡6・栗東・村山明)
父:ウォーエンブレム
母:ブラッシングプリンセス
母父:Crafty Prospector
馬主:社台レースホース
生産者:社台コーポレーション白老ファーム