土曜東京4R新馬はケイアイターコイズが叩き合いを制してクビ差勝ち

ケイアイターコイズ

17日、東京競馬場で行われた4R2歳新馬(ダ1400メートル)は、キンシャサノキセキ産駒の6番人気・ケイアイターコイズ(牡2、山内)が制した。

ステルヴィオが初G1制覇!ビュイックが見事な騎乗で導く

ポンと好スタートを決めると、道中は積極的にハナへ。しかしコーナーで外にモタれる癖を見せると、直線ではモレイラ騎乗のデュープロセスに内をすくわれて2番手に後退。万事休すかと思われたが…そこからが違った。鞍上・内田博の右ムチにこたえて盛り返すと、最後はクビ差差し返してみせた。

内田博「力のある馬」

殊勲の内田博は「外にどんどんと行ってしまって内に入られてしまったけど、馬には余力がありましたからね。よく差し返してくれました。まっすぐに走ればもっと良くなるし、スタートセンスもある。力のある馬ですよ」と将来性を評価した。