戸崎圭太が年間100勝達成!レジェンド的場文男騎手もお祝いのコメント

646

JRA年間100勝
戸崎圭太騎手
「(的場さんにプラカードを持っていただいて)こんな光栄なことはなく本当に感謝の気持ちでいっぱいです。主役は100勝の僕なんですけど、多分的場さんに皆さん目がいっていると思うんですけれども、ご注目ください(笑)出来るだけ早く出来ることが良いことだと思いますけれども、こういうお祭りの日に勝てたということは良かったと思います。(年間100勝は)ひとつの目標ですし、ひとつでも多く勝てることをいつも目標にしています。まだまだ勝ちきれていない部分が沢山あるんですけれども、このようなかたちで数字を上げられるというのは一人じゃ出来ないことですし、沢山の応援があってだと思いますので感謝の気持ちもありますし、またファンの皆さまの応援もあってこそだと思います。どうもありがとうございます。クラシックというのは良いものだなというものを感じましたので、また今後も勝っていきたいなと思っています。今日はこのようなかたちでここで100勝できることをとても嬉しく思います。この後は沢山重賞レース盛り上がるレースがありますので、楽しんでいってください。今日はどうもありがとうございました」

<<下に続く>>

的場文「本当に大変なこと」

的場文男騎手
「中央にきて、これだけ活躍して年間100勝なんてね、地方競馬と舞台が違いますから本当に大変なことだと思います。おめでとうございます」

詳細は下記のとおり。

4日、京都競馬場で行われた第3レース・2歳未勝利戦で戸崎圭太騎手がコパノマーティンに騎乗し1着となり、年間100勝目を達成した。レース後おこなわれたセレモニーでは、大井の帝王、的場文男騎手が登場しプラカードを持つサプライズ。大井競馬の大先輩が粋な計らいで後輩のセレモニーを盛り上げた。