【JBCレディスクラシック】横山典「関東のジョッキーもここにいるぞー!」アンジュデジールがマッチレースを制する

1059

4日、今日競馬場で行われた、JBCレディスクラシック、勝利ジョッキーコメント。

1着 アンジュデジール
横山典弘騎手
「本当に良かったです。最後よく頑張ってくれました。3、4コーナー手前からマッチレースだったので、1回出られたんですけど、最後よく盛り返してくれました。行く馬も何頭かいましたし流れてくれるだろうと。僕の馬もけっこうスピードある馬なのでなるべく離れないで、そうしたら一番良いところに入れましたね。(4コーナーの手応えは)良かったですね。この間ひと叩きして随分返し馬から状態が良いのが伝わったので、今日はスタートから本当に気分良く走ってましたね。本当に一戦一戦よくなっているっていうのが分かりやすい馬なので、調子がちょっと良くない時にはちょっと凡走もしますけど、それでも掲示板は外さないですから、本当に素晴らしい馬です。(JBC3競走が初めて京都競馬場で行われるという歴史的な1日の最後を締めくくった点については?)最初はルメール、関西の福永くん、関東のジョッキーもここにいるぞー!って感じですか。本当にいつも応援ありがとうございます。まだまだ頑張ります。応援よろしくお願いします。今日はありがとうございました」

レース結果、詳細は下記のとおり。

4日、京都競馬場で行われた12R・JBCレディスクラシック(G1・3歳上オープン・牝・ダ1800m)で6番人気、横山典弘騎乗、アンジュデジール(牝4・栗東・昆貢厩舎)が快勝した。アタマ差の2着に1番人気のラビットラン(牝4・栗東・中竹和也厩舎)、3着にファッショニスタ(牝4・栗東・安田隆行厩舎)が入った。勝ちタイムは1:50.4(良)。

2番人気でC.ルメール騎乗、クイーンマンボ(牝4・栗東・中竹和也厩舎)は、4着敗退。

【JBCクラシック】福永「ルメール半端ねぇ!」渾身の追い込みでルメールを止める

<<下に続く>>

直線はラビットランとの一騎打ち

【JBCレディスクラシック】横山典「関東のジョッキーもここにいるぞー!」アンジュデジールがマッチレースを制する

アンジュデジールが大外枠から上手く内に潜り込み、ラチ沿いでレースを進めた。4コーナーではラビットランと共に上がっていき、早め先頭で直線の攻防となった。アンジュデジール、ラビットランのデッドヒートとなり、最後はキッチリと競り落として嬉しいG1制覇となった。

アンジュデジール 17戦6勝
(牝4・栗東・昆貢厩舎)
父:ディープインパクト
母:ティックルピンク
母父:フレンチデピュティ
馬主:安原浩司
生産者:辻牧場

【全着順】
1着 アンジュデジール
2着 ラビットラン
3着 ファッショニスタ
4着 クイーンマンボ
5着 アンデスクイーン
6着 ビスカリア
7着 フォンターナリーリ
8着 アイアンテーラー
9着 ジュエルクイーン
10着 プリンシアコメータ
11着 ブランシェクール
12着 サルサディオーネ
13着 リエノテソーロ
14着 ラインハート
15着 ディアマルコ
16着 カワキタエンカ

※主催者発表のものと照らし合わせください