【JBCスプリント】ルメールの神騎乗炸裂!グレイスフルリープがゴール寸前マテラスカイを捉える

1033

4日、京都競馬場で行われた10R・JBCスプリント(G1・3歳上オープン・ダ1200m)で4番人気、C.ルメール騎乗、グレイスフルリープ(牡8・栗東・橋口慎介厩舎)が快勝した。クビ差の2着に1番人気のマテラスカイ(牡4・栗東・森秀行厩舎)、3着にキタサンミカヅキ(牡8・船橋・佐藤賢二厩舎)が入った。勝ちタイムは1:10.4(良)。

2番人気で岩田康誠騎乗、レッツゴードンキ(牝6・栗東・梅田智之厩舎)は、5着敗退。

戸崎圭太が年間100勝達成!大井の帝王 的場文男騎手がプラカードを持つサプライズ

<<下に続く>>

マテラスカイを目標にキッチリと追い込んだグレイスフルリープ

マテラスカイが先手を奪う中、虎視眈々とその後ろから狙っていた。グレイスフルリープもスタートを決めるとマテラスカイを見るようにしっかり流れに乗り直線の攻防に持ち込んだ。中々逃げ馬も止まらない中でしぶとく追い込み、ゴール寸前見事にかわしてルメールの手が上がった。

グレイスフルリープ 44戦12勝
(牡8・栗東・橋口慎介厩舎)
父:ゴールドアリュール
母:ラビットフット
母父:Seeking the Gold
馬主:前田晋二
生産者:ノースヒルズ

【全着順】
1着 グレイスフルリープ
2着 マテラスカイ
3着 キタサンミカヅキ
4着 モーニン
5着 レッツゴードンキ
6着 キングズガード
7着 テーオーヘリオス
8着 ニシケンモノノフ
9着 ウインムート
10着 ラブバレット
11着 ネロ
12着 ノボバカラ
13着 アンサンブルライフ
14着 セイウンコウセイ
15着 ナックビーナス
16着 ノブワイルド

※主催者発表のものと照らし合わせください