【天皇賞・秋】ダンビュライト放馬で悲鳴 競走除外

4822
放馬したダンビュライト

28日、東京競馬場でおこなわれた天皇賞・秋の返し馬でアクシデントが発生した。ダービー馬2頭を含むG1馬の決戦に大変な盛り上がりを見せ、大歓声に包まれて登場した出走各馬の最後にダンビュライト(牡4・栗東・音無秀孝厩舎)が登場。同馬は興奮し馬場入場を嫌がった。

【天皇賞・秋】武豊「流れ込んだだけ」マカヒキは後方で伸びあぐねる

<<下に続く>>

放馬による疲労が著しく競走除外

右へ回り、左へ回り、後ろに下がってみたりダートコースを行ったり来たり。スタンドの興奮と比例するように、ダンビュライトも興奮し既に雰囲気がおかしい。このまま馬場に出て大丈夫なのかと思った矢先に芝コースでジャンプ、最終的に戸崎圭太騎手を振り落としてしまった。そのまま全力疾走でコースを半周以上し馬体検査の結果、疲労が著しいという理由で競走除外が確定した。この競走除外によりダンビュライト絡みの馬券は返還となっている。