【天皇賞・秋】レイデオロ 藤沢和師「ヤル気十分ですよ」

天皇賞・秋
レイデオロ

東のエースはダービー馬・レイデオロ(牡4、藤沢和)。今春は京都記念3着、ドバイシーマC4着とチグハグな競馬が続いていたが、仕切り直しとなった前走・オールカマーを快勝し、復活をアピールした。GⅠ2連勝と好調・ルメールの手綱も魅力だ。

オールカマー快勝し復活

藤沢和調教師は「先週は深い馬場でバランスを崩して遅い時計になったが、大事にはいたらず。翌日からすぐに時計を出せたし、最終追い切りもスムーズでした。いつになく気合も入っていて、ヤル気十分ですよ。東京の2000メートルは距離、コースとも1番向いていると思う条件。ダービー以降は思うようにいかないこともあったけど、今回は体調も良さそうなので応援してください」と笑顔で話した。