【菊花賞】ブラストワンピース 池添謙「菊花賞は何としても一緒に取りたいです」

菊花賞
ブラストワンピース

春のダービーでは5着に敗れたブラストワンピース(牡3、大竹)だが、鞍上の池添が「悔しいレースだった」と振り返るように、上位馬との勝負づけはまだ済んでいない。三冠最後のタイトル獲得へ向けて、陣営のモチベーションは高い。

実績上位馬との勝負づけはまだ済んでいない魅力

主戦の池添は「前走(新潟記念1着)は経験豊富な馬たちを相手に強い勝ち方でしたね。先週、今週といい形で追い切りができましたし、折り合いから3000メートルも大丈夫だと思います。クラシック最後のひとつですし、ブラストワンピースにとっても一生に1度。菊花賞は何としても一緒に取りたいです」と意気込みを語った。