【菊花賞】フィエールマン 絶好調ルメール騎乗で魅力十分

菊花賞
フィエールマン

デビュー3戦して1、1、2着とまだ底を見せてないフィエールマン(牡3、手塚)。3か月半のブランク、距離延長など課題はあるが、鞍上の名手・ルメールを確保するなど、未知の魅力は十分だ。

【菊花賞】フィエールマン 絶好調ルメール騎乗で魅力十分
【菊花賞】フィエールマン 絶好調ルメール騎乗で魅力十分

手塚師「キャリアは3戦で距離などは未知数」

手塚調教師は「夏に使わなかったので馬体はずいぶんと回復。追い切りの動きも申し分なかったですし、いい状態でレースには臨めます。まだキャリアは3戦で、距離などは未知数ですが、そのぶんの魅力もあります。チャレンジするだけの価値のある馬だと思うので、期待しています」と前向きだ。