【毎日王冠】ダイワキャグニー 菊沢師「フレッシュな状態」

毎日王冠
ダイワキャグニー

1番人気に支持されたGⅢエプソムCでは、まさかの14着に敗れたダイワキャグニー(牡4、菊沢)。しかし東京1800メートルの実績や、過去の対戦比較を考えれば、本来は重賞タイトルに手が届いて不思議ない存在だ。立て直されて巻き返しとなるか。

東京巧者で立て直しを期待

菊沢調教師は「前走は馬場がこたえたのもあるし、いつもより雰囲気がボヤッとしていた感じ。目一杯に走っていませんでしたね。休ませて今回はフレッシュな状態だし、追い切りの感触も悪くなかった。この条件は合っているので、力を出せれば」と反撃に意欲を見せた。