【阪神2歳新馬】武豊「1番乗りやすい」ゴータイミングが差し切り勝ち

土曜阪神5レース、ゴータイミングで勝利した武豊騎手コメント。

1着 ゴータイミング
武豊騎手
「まだ幼いけど、今日は素質だけで勝ってくれた。レースで流れにも乗れたし、兄弟の中でも1番乗りやすいかなと思います」

レース結果、詳細は下記の通り

29日、阪神競馬場で行われた5R・2歳新馬戦(芝1800m)で5番人気、武豊騎手騎乗、ゴータイミング(牡2・栗東・松永幹夫厩舎)が、2着にクビ差で快勝した。2着に1番人気のサトノルークス(牡2・栗東・池江泰寿厩舎)、3着にマイネルウィルトス(牡2・栗東・宮徹厩舎)。勝ちタイムは1:50.9(重)

2番人気のアールジオール(牡2・栗東・中竹和也厩舎)は6着敗退。

1着のゴータイミングは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭で、同じく担当馬のサラミスは10着となった。

とんねるずの木梨憲武さんが命名

【阪神2歳新馬】武豊「1番乗りやすい」ゴータイミングが差し切り勝ち

とんねるずの木梨憲武さんが命名したことで話題のゴータイミングがデビュー戦、ゴール前の追い比べを制して見事に快勝した。第3レースのエイティーンガールに続き、本日2勝目をあげた武豊騎手。大記録JRA通算4000勝達成まであと1つとなった。第7レースでは圧倒的人気のメイショウラケーテに騎乗する。

ゴータイミング 1戦1勝
(牡2・栗東・松永幹夫厩舎)
父:ディープインパクト
母:サラフィナ
母父:Refuse To Bend
馬主:キーファーズ
生産者:社台ファーム

【全着順】
1着 ゴータイミング
2着 サトノルークス
3着 マイネルウィルトス
4着 ブリッツアウェイ
5着 ヴァリアント
6着 アールジオール
7着 タイガーアチーヴ
8着 バーンスター
9着 ヴァルトブルク
10着 サラミス
11着 ラッキーバローズ
12着 チャリスオブオナー
13着 ジェンメオ
14着 セイウンスクープ

※主催者発表のものと照らし合わせください