【中山新馬戦】菜七子「すごくいい内容だった」ハルサカエで菜七子は初新馬勝ち

藤田菜七子初の新馬戦勝利

15日、中山競馬場で行われた6R2歳新馬(ダ1200メートル)は、藤田菜七子騎乗の5番人気・ハルサカエ(牝2、大竹)が逃げ切った。

互角のスタートから押して積極的に先頭を奪う形。手応え十分に4コーナーを回ると、一気にリードを広げる。ゴール前では戸崎騎乗のサニーストームの猛追にあったが、クビ差しのいでフィニッシュした。

手綱をとった菜七子は「前半のレースを見て、多少無理して前に行っても残っている印象だったので行きました。しまいもしっかりしていたし、すごくいい内容だったと思います」と満足顔。自身初めてとなる新馬勝ちについても「うれしいです。オーナーにとっても初めてもたれた馬ということで、本当に良かった」と笑顔を振りまいた。