【京成杯AH】ルメール「長い脚を使ってくれました」ミッキーグローリー初重賞制覇

60

京成杯オータムハンデ、勝利ジョッキーコメント

1着 ミッキーグローリー
C.ルメール騎手
「ミッキーグローリーの騎乗は2回目でした。前回は距離がちょっと長かったけど、今回は1600mでぴったりな距離だったと思います。スタートからペースが速かったのですぐに馬がリラックスすることが出来ました。3.4コーナーから長い脚を使ってくれました。2日連続で(重賞勝利)嬉しいです。2頭ともすごく良い馬なので、秋が楽しみですね。秋のG1シーズンでも大きなレースを勝ちたいので皆さん応援してください」

レース結果、詳細は下記の通り

<<下に続く>>

鋭い切れ味を見せつけたミッキーグローリー

9日、中山競馬場で行われた11R・京成杯オータムハンデ(G3・3歳上オープン・ハンデ・芝1600m)で1番人気、C.ルメール騎手騎乗、ミッキーグローリー(牡5・美浦・国枝栄厩舎)が、2着に3/4馬身差をつけ快勝した。2着にワントゥワン(牝5・栗東・藤岡健一厩舎)、3着に2番人気のロジクライ(牡5・栗東・須貝尚介厩舎)。勝ちタイムは1:32.4(良)

2着のワントゥワンは装蹄師/西内荘担当馬で、競馬のおはなしサイト「装蹄の感触が良かった馬・日曜版」で取り上げた1頭で、同じく担当馬のヒーズインラブは9着となった。

ミッキーグローリーが鋭い切れ味を発揮して重賞初制覇を成し遂げた。レースは後方5番手付近からじっくりと進め外目のいつでも動けるポジションをキープ。勝負所から外を回って進出を開始すると、あっという間に前との差を詰めて直線へ向いた。馬場の真ん中から豪快に伸びて差し切り、ミッキーグローリーの切れ味に太刀打ち出来るライバルはいなかった。

ミッキーグローリー 11戦6勝
(牡5・美浦・国枝栄厩舎)
父:ディープインパクト
母:メリッサ
母父:ホワイトマズル
馬主:野田みづき
生産者:岡田スタツド

【全着順】
1着 ミッキーグローリー
2着 ワントゥワン
3着 ロジクライ
4着 ロードクエスト
5着 ゴールドサーベラス
6着 トウショウドラフタ
7着 ストーミーシー
8着 ヤングマンパワー
9着 ヒーズインラブ
10着 ウインガニオン
11着 トーセンデューク
12着 ダイワリベラル
13着 ミュゼエイリアン
14着 ベステンダンク
15着 ショウナンアンセム

※主催者発表のものと照らし合わせください

コメントを書く

コメントを入力して下さい
名前を入力して下さい