【小倉2歳S】浜中「脚がなくなってしまった」ジョッキーコメント

小倉2歳ステークス、ジョッキーコメント

1着 ファンタジスト
武豊騎手
「完勝でした。スタートあまり出ないんじゃないかなと思っていたんですけど、思ったよりは出てくれて、思ったより周りがあまり行かなかったので楽に先行出来ましたね。ずいぶん良くなっていましたね。まだまだ精神的にというか性格がすごく子供っぽいんですけど、馬体は非常に良くなっていましたし、厩舎のほうが完璧な仕上げをしてくれていたので、自信をもってレースにいけました。まだ今日2戦目ですし、強いレースだったと思いますので、距離も伸びてもやれるんじゃないかと思いますので、非常に楽しみですね。もうちょっと頑張って、今日ぐらいに出来ればいいなと思っていたんですけど、一日も早く(4000勝)達成出来るように頑張っていきます」

お笑いコンビ、平成ノブシコブシがプレゼンターとして来場

2着 アズマヘリテージ
荻野極騎手
「スタートは少し後ろからになりました。足場も悪い中で良い伸び脚を見せてくれました。2戦目でガラッと変わってくれて良かったと思います」

3着 ミヤジシルフィード
和田竜二騎手
「番手に行きたかったのですが、控える競馬でも良く来ていました」

4着 アーデントリー
太宰啓介騎手
「悪い馬場でも良い脚を使っています」

5着 チュウワフライヤー
川又賢治騎手
「もう少し溜める競馬でも良かったのかもしれません」

6着 シングルアップ
松山弘平騎手
「ゲートで待たされて少しで出負けしてしまいました。それでも押し上げてくれたんですが、それでも少しじりっぽいとこがあってスムーズに前で押し上げていく競馬がいいです。広いコースの方が良くてもう少し器用さが出てくればと思います」

7着 タガノジェロディ
鮫島克駿騎手
「外枠だったんで内目の並びが悪くて外回らされる形にはなってしまったんですが、1200にも上手く対応してくれてました。今日は上手く乗れなかったです。申し訳ないです」

8着 ルチアーナミノル
浜中俊騎手
「勝ち馬の後ろを行きましたが、脚がなくなってしまいました」

10着 ジャカランダシティ
B.アブドゥラ騎手
「枠の差で負けたなという感じです。最後の最後まで後ろでした」

14着 セプタリアン
北村友一騎手
「ゲートで予想外にうるさくなってしまいました…」

レース結果詳細は下記の通り

デビュー2連勝を決めたファンタジスト

2日、小倉競馬場で行われた11R・小倉2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1200m)で3番人気、武豊騎手騎乗、ファンタジスト(牡2・栗東・梅田智之厩舎)が、2着に1.3/4馬身差をつけ快勝した。2着にアズマヘリテージ(牝2・栗東・河内洋厩舎)、3着にミヤジシルフィード(牡2・栗東・川村禎彦厩舎)。勝ちタイムは1:08.9(良)

1番人気で装蹄師/西内荘担当馬のシングルアップ(牡2・栗東・寺島良厩舎)は6着、2番人気のルチアーナミノル(牝2・栗東・本田優厩舎)は8着敗退。

装蹄師/西内荘担当馬のチュウワフライヤーは5着となった。

ファンタジストがデビュー2連勝で重賞初制覇と飾った。スタートこそ凄く良かったわけではないが、スピードに乗って先行争いに加わりレースを進めた。勝負どころを馬なりで上がって来るとそのまま先頭に立ち見事に押し切った。武豊騎手は昨年のアサクサゲンキに引き続きこのレース連覇を達成。そして通算勝利を3995とし、節目の4000勝まであと5勝となった。

ファンタジスト 2戦2勝
(牡2・栗東・梅田智之厩舎)
父:ロードカナロア
母:ディープインアスク
母父:ディープインパクト
馬主:廣崎利洋
生産者:ShallFarm

【全着順】
1着 ファンタジスト
2着 アズマヘリテージ
3着 ミヤジシルフィード
4着 アーデントリー
5着 チュウワフライヤー
6着 シングルアップ
7着 タガノジェロディ
8着 ルチアーナミノル
9着 ブルベアオーロ
10着 ジャカランダシティ
11着 エイシンノホシ
12着 タムロドリーム
13着 カシノティーダ
14着 セプタリアン

※主催者発表のものと照らし合わせください