【ジャパンC】ボウマン「キタサンブラックを徹底的にマーク」ジョッキー談話

 2017年11月27日    0    10122
Tweet

ジャパンカップ、関係者談話は下記の通り。

1着 シュヴァルグラン
H.ボウマン騎手
「枠順がいいところが当たりまして、レース前からキタサンブラックを徹底的にマークして競馬をしようと思っていたので、その通りの位置取りと道中の運びが出来たと思っています。今日は馬の動きが大変素晴らしかったです。キタサンブラックは一目置くような強い馬だし、簡単に交わせないだろうなと思っていたのですが、今日は本当にシュヴァルグランが道中スムーズな競馬をすることが出来ましたので、一歩一歩詰めていって交わせるんだなという思いに変わって、本当に最後まで馬が一生懸命に走って良い切れ味で競馬を締めくくってくれました。水曜日に調教で跨がった時から、馬の動き自体はすごく良いものがあると思っていましたし、馬の体調を考慮しながら、去年のジャパンカップのVTRとかを見て、今年秋一番の出来で、それも昨年より成長した状態で出走出来ると思っていました。今日は走ってみて本当に彼が良く頑張ってくれたなという思いです。」

2着 レイデオロ
C.ルメール騎手
「すごく走ってくれました。スムーズなレースは出来ました。大外からゴールまで頑張ってくれたし、まだ3歳馬でいい経験になりました。素晴らしい馬です。」

藤沢和雄調教師
「惜しかったです。スタートは前回より良くなりました。終いはよく走っていたと思います。このレースは3歳馬には厳しいレースです。この後は休養に入ります。」

3着 キタサンブラック
武豊騎手
「残念です。馬の状態は良く、良いスタートを切れて楽に先手を取れたら取ろうと思ってました。走りは悪くなかったし、上位二頭は強かったけど、良いレースは出来ました。最後もう少し突き放してくれると思ったけけど、ゴール後違和感を感じて、落鉄してるかなと思い確認したら、左前が落ちてました。どこで落ちたかはわからないですね。改めて全部勝つのは難しいと思いました。次が最後ですが有馬記念で巻き返したいと思います。」

清水久詞調教師
「左前脚が落鉄していました。良いペースで運ぶことができました。まずは無事であることを確認してから、有馬記念は目一杯仕上げます。」

4着 マカヒキ
内田博幸騎手
「4コーナーでレイデオロと一緒に動けるかと思ったのですが、思ったほど伸びませんでした。馬は秋になって良くなっていたのですが、結果が出ず残念です」

5着 アイダホ
R.ムーア騎手
「今までで一番いい走りだった。少しペースが落ち着いてほしかったが、結果には満足しています。」

6着 レインボーライン
岩田康誠騎手
「よく伸びてはいたのですが、中団くらいにつけられれば、また少し違ったかもしれません。」

7着 ソウルスターリング
C.デムーロ騎手
「かなり力んで走っていました。直線ではもう手応えがありませんでした。」

藤沢和雄調教師
「牡馬相手はつらかったかもしれません。来年はエリザベス女王杯などを視野に考えていきたいと思います。」

8着 ヤマカツエース
池添謙一騎手
「直線は伸びてはいますが、枠の差が堪えました。」

9着 ギニョール(F・ミナリク騎手)
「最後は伸び切れませんでした。ドイツ馬を代表して良いレースが出来たと思います。」

10着 サトノクラウン
M.デムーロ騎手
「スタートも良く、思った通りのレースは出来ました。レイデオロと一緒に伸びると思ったのですが...」

11着 シャケトラ
福永祐一騎手
「やりたい競馬は出来ました。手応え十分で回ってきて、これならと思いましたが、伸び切れませんでした。」

12着 サウンズオブアース
田辺裕信騎手
「近走、少し先行してダラダラしてしまっているので溜める競馬をしましたが、4コーナーでは反応がいまひとつでした。位置取りは悪くなかったと思います。」

レース結果詳細は下記の通り。

26日、東京競馬場で行われた11R・ジャパンカップ(G1・3歳上オープン・芝2400m)で5番人気、H.ボウマン騎手騎乗、シュヴァルグラン(牡5・栗東・友道康夫厩舎)が、2着に1.1/4馬身差をつけ快勝した。2着に2番人気のレイデオロ(牡3・美浦・藤沢和雄厩舎)、3着に1番人気のキタサンブラック(牡5・栗東・清水久詞厩舎)。勝ちタイムは2:23.7(良)。

ジュヴァルグランが悲願のG1制覇となった。ここを目掛けて完璧な仕上がりとレース運びで陣営とオーナーの執念が実った。オーストラリアの名手ボウマンが見事な手綱さばきを見せ悲願のG1制覇に導いた。1枠を生かし、好位のインでじっと脚を溜め直線だけ外に出す完璧な競馬で嬉しい初制覇となった。
外国人ジョッキーが昨今活躍している中で、今回もオーストラリアから来た名手が栄冠をさらっていった。難しい競馬を意図も簡単にやってのけるよう見せ、非の打ち所がない手綱捌き。残すところ平地G1もあと4戦。日本人ジョッキーにも意地を見せてもらいたい所だ。

関連記事

競馬のおはなしNEWS

【京成杯】田辺「まだこの馬の本気…

京成杯のレース後、ジョッキー談話 1着 ジェネラーレウーノ 田辺裕信騎手 「雰囲気は稽古と変わらず良かったですよ。前回は逃げて物見をしていたので、誰か….

 2018年01月15日    0    2547

競馬のおはなしNEWS

【日経新春杯】関係者談話 和田「止…

日経新春杯、関係者談話 1着 パフォーマプロミス M.デムーロ騎手 「強かったです。良い競馬してましたね。良いスタートきって一番良いところでした。1.2.3着….

 2018年01月15日    0    2077

競馬のおはなしNEWS

【京都11R/日経新春杯】パフォーマ…

14日、京都競馬場で行われた11R・日経新春杯(G2・4歳上オープン・ハンデ・芝2400m)で1番人気、M.デムーロ騎手騎乗、パフォーマプロミス(牡6・栗東・藤原英昭厩….

 2018年01月14日    0    3656

競馬のおはなしNEWS

【中山11R/京成杯】ジェネラーレウ…

14日、中山競馬場で行われた11R・京成杯(G3・3歳オープン・芝2000m)で1番人気、田辺裕信騎手騎乗、ジェネラーレウーノ(牡3・美浦・矢野英一厩舎)が、2着に1/2….

 2018年01月14日    0    3320

競馬のおはなしNEWS

【中山10R/ニューイヤーS】復活!ダ…

14日、中山競馬場で行われた10R・ニューイヤーステークス(4歳上オープン・芝1600m)で1番人気、蛯名正義騎手騎乗、ダノンプラチナ(牡6・美浦・国枝栄厩舎)が、2….

 2018年01月14日    0    3201

競馬のおはなしNEWS

【京都10R/紅梅S】モルトアレグロが…

14日、京都競馬場で行われた10R・紅梅ステークス(3歳オープン・牝・芝1400m)で2番人気、M.デムーロ騎手騎乗、モルトアレグロ(牝3・美浦・武井亮厩舎)が、2着に….

 2018年01月14日    0    3269

競馬のおはなしNEWS

【中京10R/ごぎょう賞】マニクール…

14日、中京競馬場で行われた10R・ごぎょう賞(3歳500万下・ダ1200m)で1番人気、北村友一騎手騎乗、マニクール(牝3・栗東・大久保龍志厩舎)が、2着に1/2馬身差を….

 2018年01月14日    0    2886

競馬のおはなしNEWS

【中京6R】菜七子、今年の2勝目は5…

14日、中京競馬場で行われた6R・4歳上500万下(牝・ダ1800m)で1番人気、藤田菜七子騎手騎乗、クルークハイト(牝4・栗東・藤岡健一厩舎)が、2着に5馬身差をつけ….

 2018年01月14日    0    3508

競馬のおはなしNEWS

日曜中山3R・3歳新馬は14番人…

14日、中山競馬場で行われた3R3歳新馬(ダ1800メートル)は、スマートファルコン産駒の14番人気・ミズカゼ(牡3、田村=母フォレストメリー)が単オッ….

 2018年01月14日    0    3497

競馬のおはなしNEWS

【中京5R/3歳新馬】タートルボウル…

14日、中京競馬場で行われた5R・3歳新馬戦(芝2000m)で9番人気、藤岡康太騎手騎乗、ハナソメイ(牝3・栗東・橋口慎介厩舎)が、2着に3/4馬身差をつけ快勝した。2….

 2018年01月14日    0    3800

競馬のおはなしNEWS

【京都5R/3歳新馬】フォルシュナイ…

インターネット放送「競馬のおはなし」で、ディープインパクトなどを手がけてきた装蹄師の西内荘が一口馬主の残口馬から馬選びをし、スタッフが購入するという企画….

 2018年01月14日    0    4888

競馬のおはなしNEWS

【京都4R/3歳新馬】スウェプトオー…

14日、京都競馬場で行われた4R・3歳新馬戦(ダ1800m)で3番人気、M.デムーロ騎手騎乗、オメガパフューム(牡3・栗東・安田隆行厩舎)が、2着に2馬身差をつけ快勝し….

 2018年01月14日    0    2948