アグネスデジタルが死亡

 JRAは、公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル引退名馬繋養展示事業の助成対象馬アグネスデジタル(牡24)が、12月8日(水)に死亡したことを発表した。

 同馬は、北海道中川郡幕別町猿別207-2の十勝軽種馬農業協同組合 種馬所にて繋養され余生を送っていた。

●繋養先の十勝軽種馬農業協同組合・種馬所の中川郁夫氏のコメント
「とてもやさしい馬でした。やはりGⅠを何勝もする馬は、他の馬と違い、私の顔を見て何をすれば良いのか理解できるとても賢い馬でした。今年の春に移動したばかりで短い間でしたが、楽しい時間をデジタルと供に暮らせたことを感謝しています」

●アグネスデジタル
生年:1997年
毛色:栗毛

競走成績:
29戦11勝(海外3戦1勝)

主な重賞勝鞍:
1999年 全日本3歳優駿(GⅡ)(川崎)
2000年 名古屋優駿(GⅢ)(名古屋)
2000年 ユニコーンステークス(GⅢ)
2000年 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
2001年 日本テレビ杯(GⅢ)(船橋)
2001年 マイルチャンピオンシップ南部杯(GⅠ)(盛岡)
2001年 天皇賞(秋)(GⅠ)
2001年 香港カップ(G1)(香港)
2002年 フェブラリーステークス(GⅠ)
2003年 安田記念(GⅠ)

※JRA発表による