【阪神7R】武豊 レッドブロンクスが2勝目

(C)Yushi Machida

 6日、阪神競馬場で行われた7R・3歳上1勝クラス(ダ1400m)で2番人気、武豊騎乗、レッドブロンクス(牡4・栗東・石坂公一・担当装蹄師/西内荘)が勝利した。クビ差の2着にミッキークイック(牡3・栗東・大久保龍志)、3着にアルメイダミノル(牡3・栗東・北出成人)が入った。勝ちタイムは1:25.3(良)。

 1番人気で長岡禎仁騎乗、ワンダーイチョウ(牡3・栗東・杉山晴紀)は、9着敗退。

【新馬/阪神6R】テーオードレフォンが人気に応える

エピファネイア産駒

 2番人気に支持された武豊騎乗、レッドブロンクスが2勝目をマークした。レースでは五分のスタートから中団で流れに乗り、馬群の中を徐々に進出。じわじわとポジションを上げていき直線に向くと、しぶとく差し脚を伸ばしてゴール前でクビ差抜け出した。

レッドブロンクス 21戦2勝
(牡4・栗東・石坂公一・担当装蹄師/西内荘)
父:エピファネイア
母:レッドソンブレロ
母父:キングカメハメハ
馬主:東京ホースレーシング
生産者:ノーザンファーム