2021ブリーダーズカップ 日本馬の近況(11月4日)

(C)スポニチ

 11月5日(金)・6日(土)にアメリカ合衆国のデルマー競馬場で行われるブリーダーズカップに出走予定の日本馬の調教状況および関係者コメントは下記の通り。

●ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1・芝2200m)
・ラヴズオンリーユー(牝5・栗東・矢作芳人厩舎)
現地時間11月4日(木)の調教状況
デルマー競馬場
ゲート練習、ダートコース1周半(軽めのキャンター)
川田将雅騎手騎乗(ゲート練習時)
吉田一成調教助手騎乗(準備運動時)
岡勇策調教助手騎乗(ダートコース調教時)

矢作芳人調教師のコメント
「川田騎手に跨ってもらい、ゲートでの様子を確認しました。そのあと、ダートコースで馬の動きを確認しましたが、変わりなく順調に調整できています」

川田将雅騎手のコメント
「今朝はスターティングゲートで、ゲート自体やゲートボーイがいる状況等を確認しました。落ち着いてゲート内で過ごせていて、何かを気にする素振りもありませんでした。練習では問題ありませんでしたので、レース当日も同様の雰囲気でいてくれればと思います」

●ブリーダーズカップマイル(G1・芝1600m)
・ヴァンドギャルド(牡5・栗東・藤原英昭厩舎)
現地時間11月4日(木)の調教状況
デルマー競馬場
ゲート練習、ダートコース1周(速歩)
福永祐一騎手騎乗

藤原和男調教助手のコメント
「ゲート内でも落ち着いていて、ゲートボーイを付けたスクーリングができました。昨日(3日)の追い切りの反動もなく、予定通りの調整ができています」

福永祐一騎手のコメント
「ゲートボーイはドバイでも経験していますし、今日は良い練習ができました。レース当日、ゲート内では少しうるさいところを見せるかもしれませんが、ゲートボーイがいるのでその点は心配していません。追い切りも終わって動きも軽くなり、良いコンディションだと思います」

※JRA発表による