【盛岡・不来方賞】マツリダスティールが能力の違いを見せつけ完勝!

(C)岩手県競馬組合

 5日、盛岡競馬場で行われた11R・不来方賞(M1・ストロングリターン賞・3歳・ダ2000m)で3番人気、村上忍騎乗、マツリダスティール(牡3・岩手・菅原勲)が快勝した。大差の2着に2番人気のゴールデンヒーラー(牝3・岩手・佐藤祐司)、3着に1番人気のリュウノシンゲン(牡3・岩手・菅原勲)が入った。勝ちタイムは2:08.2(稍重)。

【盛岡・ビューチフルドリーマC】ラインカリーナが貫禄の逃げ切り勝ち!

見事岩手3歳クラシック3冠目を獲得

【盛岡・不来方賞】マツリダスティールが能力の違いを見せつけ完勝!
(C)岩手県競馬組合

1着 マツリダスティール
村上忍騎手
「レースにあたっての指示はそんなに無くて、任せるよという話だったので、同厩の馬も見ながら、結果的に自ら逃げる選択になりました。ライバルの馬たちは必ず2、3番手あたりでマークしてくる事は分かっていましたから、最後は力勝負になるだろうと。なら道中は馬が行きたいように行かせるイメージで。ゴールまで手応え鈍らずに走ってくれて、着差を見る限り本当に素晴らしい走りだったと思います。涼しくなってきた部分もあったんでしょうけども、夏場を過ぎて馬が充実してきているのかなと思います。春の休養明けからはなかなか思うように自分がエスコートしてあげられなかった。この2戦の走りがこの馬本来の走りだろうなと思っています。前哨戦を勝ち上がったので、もちろんダービーグランプリという選択肢も出てくると思いますし、そうであれば、もちろん今以上の状態で出せるように頑張りたいです。マツリダスティールはここ2戦ダートで素晴らしい走りをしてくれました。今後、芝ダートどちらに行くかはまだ分からないですけども、馬は今、充実してきていると思いますので、どのようなレースを使うにしても良いパフォーマンスを見せてくれると思います。また応援よろしくお願いします」

菅原勲調教師
「前回、ダートの1600mで強い競馬をしてくれましたので、これならダートでもやれるなという事でここに挑むことにしました。レースは、スタートしてみて速かった方がハナに行けば良いと思っていましたので特に指示はありませんでした。3コーナーの手応えが素晴らしかったですし、最後はしっかり伸びる馬ですから、4コーナーあたりでこちらが勝ったなと。芝の方が良い馬かなと思っていましたからね。ダートでこれだけの走りというのは自分でも想像していませんでした。前回の走りだけではなんとも言えなかったですが、今日の走りを見れば自分が思っていた以上に強くなっているなと思いましたね。この結果であれば次戦はダービーグランプリになるでしょうけども、もちろんリュウノシンゲンも次戦はもっと良くなるでしょうし、2頭で良いレースができればと思います」

マツリダスティール 13戦6勝
(牡3・岩手・菅原勲)
父:エキストラエンド
母:シェーンブリッツ
母父:クロフネ
馬主:高橋文枝
生産者:村上進治

【全着順】
1着 マツリダスティール
2着 ゴールデンヒーラー
3着 リュウノシンゲン
4着 トーセンルチアーノ
5着 シラカミロード
6着 サンエイマジック
7着 ファイントリック
8着 トーセンダーウィン
9着 グランフォロミー
10着 チョロ
11着 ユイノタンキマチ