【オホーツクS】横山親子が史上初のワンツースリー

 28日、札幌競馬場で行われた11R・オホーツクステークス(3歳上3勝クラス・芝2000m)で1番人気、横山和生騎乗、アンティシペイト(牡4・美浦・国枝栄)が快勝した。1馬身差の2着にソルドラード(せん5・美浦・藤沢和雄)、3着にターキッシュパレス(牡4・栗東・昆貢)が入った。勝ちタイムは2:01.4(良)。

 2番人気で大野拓弥騎乗、ココニアル(牝4・美浦・和田勇介)は、6着敗退。

【新馬/札幌5R】エスポワールシチー産駒 クリノメガミエースが8馬身差V

長男和男が勝利

 横山親子がワンツースリーを独占、史上初めての親子が馬券圏内を独占した。1着には長男・横山和生騎乗の1番人気、アンティシペイト、2着は三男・横山武史騎乗の3番人気ソルドラード、3着に父横山典弘騎乗の4番人気、ターキッシュパレスが入った。アンティシペイトはゴール前で大外から差し脚を伸ばして、力強く差し切り勝ちを決めた。

アンティシペイト 12戦4勝
(牡4・美浦・国枝栄)
父:ルーラーシップ
母:アンチュラス
母父:ディープインパクト
馬主:G1レーシング
生産者:追分ファーム