オーソリティが故障

(C)スポニチ

 JRAは、2020年アルゼンチン共和国杯(GⅡ)などに優勝したオーソリティ(牡4・美浦・木村哲也厩舎)は、左脛骨々折が判明したことを発表した。なお、同馬は今後6ヶ月以上の休養を要する見込み。

【アルゼンチン共和国杯】ルメール「おおきに!」オーソリティが骨折休養明けを制する

※JRA発表による