【NHKマイルC】池添謙「最後に左手前に…」レース後ジョッキーコメント

(C)スポニチ

 9日、東京競馬場で行われたG1・NHKマイルカップは、ドイツ産のシュネルマイスターが勝利。父はヨーロッパのマイル王・キングマンで、ゴール寸前できっちり差し切った。上位3頭はサンデーレーシングが独占している。

NHKマイルカップ、レース後ジョッキーコメント
1着 シュネルマイスター
C.ルメール騎手
「すごく嬉しいです。馬にプレッシャーをかけたくなかった。良いスタートしたけど、ペースも速かったので忙しかったです。段々流れに乗れました。呼吸も手応えも良かったです。エンジンがかかるのには時間がかかりました。前に池添さんの馬が目標でちょうど良かったです。最後に2着馬は少しもたれたので差し切ることができました。届いてくれて良かったです。まだ柔らかい、子供っぽい馬で、能力はあるのでパワーアップしたらハイレベルなところで勝てると思います。おおきに!」

2着 ソングライン
池添謙一騎手
「この差だし、本当に悔しいです。良い状態でレースへ向かえました。良いポジションを取れましたし、3コーナーで外に振られるロス以外は上手くいきました。直線では一旦は抜け出しましたが、最後の最後に左手前に替えて苦しくなりました。今日は馬が本当に頑張ってくれました」

3着 グレナディアガーズ
川田将雅騎手
「馬場を選びながらというプランでした。良い雰囲気で競馬に向かうことが出来て、レースでもよく辛抱して走ってくれました。今日は馬が頑張ってくれました」

4着 リッケンバッカー
横山武史騎手
「ペースが速くてでついて行けませんでした。それでも終いは伸びてくれたので能力があると思います」

5着 ロードマックス
岩田望来騎手
「ゲートを五分に出て、勝ち馬の後ろの位置に付けられました。折り合いもついて、脚も使ってくれました」

6着 タイムトゥヘヴン
M.デムーロ騎手
「スタートを上手く出て、良いところを走れていましたが、勝負どころで前が狭くなりました。その後はジリジリ伸びてくれました」

【ヴィクトリアマイル登録馬】グランアレグリアなど20頭が登録

武豊「イメージ通りの競馬は出来た」

9着 ホウオウアマゾン
武豊騎手
「イメージ通りの競馬は出来ましたが、トモの感じが本当ではなかったと思います」

10着 ルークズネスト
幸英明騎手
「直線を向いて手応えがなくなりました」

12着 ピクシーナイト
福永祐一騎手
「返し馬からレースに近づくにつれてエキサイトした。いつもはリラックスした逃げを打てますが、今日は道中から張り切りすぎてオーバーペースでした」

(競走中止)バスラットレオン
矢作芳人調教師
「状態が良かっただけに残念です。(馬券を)買ってくれたファンの方々には申し訳ないです。でも人馬無事でよかったです」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 5月9日、東京11Rで行われた第26回NHKマイルカップ(3歳オープン・G1・芝1600m・1着賞金=1億500万円・18頭立て)は、C.ルメール騎乗の2番人気、シュネルマイスター(牡3・美浦・手塚貴久)が勝利。G1初制覇を飾った。勝ちタイムは1分31秒6(良)。

 2着に7番人気のソングライン(牝3・美浦・林徹)、3着に1番人気のグレナディアガーズ(牡3・栗東・中内田充正)が入った。

ルメールが勝利に導く

 2番人気に支持されたルメール騎乗、シュネルマイスターがゴール寸前で先に抜け出したソングラインを捉えて嬉しいG1初制覇を飾った。最後の直線ではサンデーレーシングの3頭、グレナディアガーズ、ソングライン、シュネルマイスターと同じ勝負服の馬が競い合い、ゴール寸前でソングライン、シュネルマイスターが完全に並んでゴール。僅かハナ差でシュネルマイスターに軍配が上がった。

 NHKマイルカップを勝ったシュネルマイスターは、父Kingman、母Serienholde、母の父Soldier Hollowという血統。Northern Farmの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は4戦3勝。重賞は初制覇。鞍上のC.ルメール騎手はNHKマイルカップ2勝目、管理する手塚貴久調教師は初勝利。

【全着順】
1着 シュネルマイスター C.ルメール
2着 ソングライン 池添謙一
3着 グレナディアガーズ 川田将雅
4着 リッケンバッカー 横山武史
5着 ロードマックス 岩田望来
6着 タイムトゥヘヴン M.デムーロ
7着 アナザーリリック 津村明秀
8着 ランドオブリバティ 石橋脩
9着 ホウオウアマゾン 武豊
10着 ルークズネスト 幸英明
11着 ヴェイルネビュラ 戸崎圭太
12着 ピクシーナイト 福永祐一
13着 ショックアクション 田辺裕信
14着 シティレインボー 三浦皇成
15着 レイモンドバローズ 浜中俊
16着 ゴールドチャリス 田中勝春
17着 グレイイングリーン 武藤雅
(競走中止)バスラットレオン 藤岡佑介