【マリーンC】川田将雅 テオレーマが交流重賞初制覇!

 7日、船橋競馬場で行われた11R・マリーンカップ(Jpn3・3歳上オープン・牝・ダ1600m)で2番人気、川田将雅騎乗、テオレーマ(牝5・栗東・石坂公一)が快勝した。2馬身差の2着に3番人気のマドラスチェック(牝5・美浦・齋藤誠)、3着に1番人気のサルサディオーネ(牝7・大井・堀千亜樹)が入った。勝ちタイムは1:38.4(稍重)。

【桜花賞登録馬】白毛馬ソダシなど24頭が登録

後方から豪快に差し切る

 2番人気に支持された川田将雅騎乗、テオレーマが豪快な末脚を発揮して嬉しい交流重賞初制覇を飾った。道中は大きく離れた後方2番手からの追走も、慌てることなく追走して直線では大外へ。先に抜け出しを図った、マドラスチェック、逃げたサルサディオーネを目掛けて猛追すると、ゴール前きっちり捉えて流すようにゴールした。

テオレーマ 18戦5勝
(牝5・栗東・石坂公一)
父:ジャスタウェイ
母:スターズアラインド
母父:Sea The Stars
馬主:水上行雄
生産者:笠松牧場

【全着順】
1着 テオレーマ
2着 マドラスチェック
3着 サルサディオーネ
4着 フェアリーポルカ
5着 レッドアネモス
6着 アブソルートクイン
7着 シーアフェアリー