ドバイワールドカップデー各レース後の騎手、調教師コメント

 現地27日、UAEメイダン競馬場で行われたワールドカップデー各レースの騎手、調教師のコメントは下記のとおり。

■ドバイゴールデンシャヒーン
レース結果はこちら

5着 コパノキッキング
W.ビュイック騎手
「砂を被る位置取りになってしまいましたが、最後は良く伸びてきました」

11着 ジャスティン
坂井瑠星騎手
「状態はすごく良かったですし、やりたい競馬ができたので悔いはないです。スタートも上手く出てくれて、勝った馬を見ながらのレースでしたが早々と手応えがなくなってしまいました。世界のトップレベルのスプリンター達と戦えて良い経験になりましたし、今後も頑張って行けたらと思います。遅くまで応援ありがとうございました」

矢作芳人調教師
「先出しをして返し馬も落ち着いていましたし、メンタル面はサウジの時よりも良かったです。やれる事をやって、勝ちに行っての結果なので、納得がいく競馬でした」

12着 マテラスカイ
戸崎圭太騎手
「馬の状態は特に問題なかったですが、周りの馬が速かったので自分の形を取れませんでした」

■ドバイターフ
レース結果はこちら

2着 ヴァンドギャルド
M.バルザローナ騎手
「馬はとてもリラックスしていました。道中の手応えもポジションも良く、ペースが上がってもついて行ってパーフェクトなレース運びでしたが、直線ではスペースがなかなか開かなかったです。勝馬はヨーロッパでもG1を勝っている馬ですし強かったですね。3年連続日本馬に騎乗させていただき感謝していますが、結果を残せず残念です」

■ドバイシーマクラシック
レース結果はこちら

2着 クロノジェネシス
北村友一騎手
「スタートは五分に出てくれて、馬のリズムで行ったらあの位置取りになりました。3コーナーからペースが流れて良い感じで流れに乗れましたが、そこからすぐ反応できず最後疲れてしまいました」

3着 ラヴズオンリーユー
O.マーフィー騎手
矢作芳人調教師
「もう少しペースが流れてくれれば良かったですが、これがこちらの競馬ですね。最後の最後で止まってしまいました。良いレースをしてくれましたし、これで負けたら仕方ないと思います。次走の香港が楽しみです」

■ドバイワールドカップ
レース結果はこちら

2着 チュウワウィザード
戸崎圭太騎手
「前回よりも追い切りの動きも良く感じましたし、力を見せてくれて良かったです。発走まで待たされましたが逆に落ち着きが出て、スタートを上手く切って本来の競馬ができました。良いペースでついて行って、最後もしっかり伸びているので、またリベンジしたいです」