【浦和記念】川田「良いリズムで走れていた」G1馬のダノンファラオがV

 25日、浦和競馬場で行われた交流G2・浦和記念は3番人気に支持されたダノンファラオが勝利。7月のジャパンダートダービー以来の交流重賞2勝目を飾った。

浦和記念、勝利ジョッキーコメント
1着 ダノンファラオ
川田将雅騎手
「際どい勝負になりましたけど何とか凌げて良かったです。枠も良かったですし、行く馬を行かせて自分のリズムで競馬をしようと思ってこの形になりました。スタートはスムーズに切れました。前半は少し早かったので、この馬のリズムを大事にしながら最初の正面ゴール盤付近でペースが少し落ちましたので、その間に自然と前とは距離が詰まりましたが、良いリズムで走れていたなと思います。今日は気持ち良く先頭に立った分、少し馬自身がフワっとするところがあって、全力で走りきっているわけではなかったので、それを鼓舞しながら最後までしっかり頑張ってくれたと思います。(3頭接戦でのゴールでしたが確信はしていましたか?)はい、出ていましたので、勝っているなと思いました。今日初めて乗せていただきましたけど、こうして無事に結果を得ることが出来ましたし、まだ3歳なのでこれから成長していくことは間違いないと思いますし、更に上のステージで良い戦いが出来るような馬になってほしいと思います。以前に比べれば、こうしてウイナーズサークルにも沢山のお客さんがいらっしゃる光景が少しずつ戻りつつあるので、また感染者沢山増えてますけれども、皆さん気をつけていただいて、こうして競馬場でもテレビを通してでも競馬を楽しんでもらえるように馬と人と頑張っていきたいと思いますので、これからも競馬を楽しんでもらえればなと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 25日、浦和競馬場で行われた10R・浦和記念(Jpn2・3歳上オープン・ダ2000m)で3番人気、川田将雅騎乗、ダノンファラオ(牡3・栗東・矢作芳人)が勝利した。ハナ差の2着に1番人気のロードブレス(牡4・栗東・奥村豊)、3着に2番人気のウェスタールンド(せん8・栗東・佐々木晶三)が入った。勝ちタイムは2:06.0(稍重)。

【ジャパンC】登録馬と見どころ 3冠馬3頭激突

JRA勢が馬券圏内を独占

3番人気に支持されたダノンファラオがゴール前の大接戦を制し、重賞2勝目をマークした。向こう正面から激しくペースアップしていき、早め先頭でダノンファラオが押し切りを図ると、外から並ぶようにロードブレス、ウェスタールンドが際どく迫り、写真判定の結果ダノンファラオに軍配が上がった。

ダノンファラオ 11戦4勝
(牡3・栗東・矢作芳人)
父:American Pharoah
母:クリスプ
母父:El Corredor
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダノンファラオ
2着 ロードブレス
3着 ウェスタールンド
4着 タービランス
5着 ヒストリーメイカー
6着 デルマルーヴル
7着 ストライクイーグル
8着 クインズサターン
9着 リンノレジェンド
10着 サーヒューストン
11着 マイネルズイーガー