新型コロナウイルス感染症対策への支援内容

 JRAは、9月7日(月)に発表した「新型コロナウイルス感染症対策への支援内容(宝塚記念(GⅠ)当日の売上げからの拠出)」について、本年のJRAアニバーサリー当日(9月21日(祝・月))に、お客様に購入いただいた勝馬投票券の売上げから30億円を拠出し、医療機関や各自治体に支援することを発表した。

 また、これまでに発表した支援策に加え、JRA等が新たに行う「新型コロナウイルス感染症対策への支援」は、競馬場、トレーニング・センター、ウインズが所在する市区町村へ8億2000万円を支援することも併せて発表された。

【エリザベス女王杯】登録馬と見どころ ラッキーライラックなど19頭

●JRAアニバーサリー当日の売上げから
・医療機関への支援
日本赤十字社:10億円
全国厚生農業協同組合連合会の関係医療機関:5億円
社会福祉法人 恩賜財団済生会:5億円
独立行政法人 地域医療機能推進機構:5億円

・自治体への支援
ウインズが所在する10県への支援:5億円

<対象県>
青森県、秋田県、山梨県、静岡県、鳥取県、広島県、山口県、香川県、長崎県、熊本県

●新たに行う「新型コロナウイルス感染症対策への支援」
JRAから、競馬場、トレーニング・センター、ウインズが所在する市区町村へ8億2000万円を支援します。また、JRAファシリティーズ株式会社から、(1)同社の事業所の近隣医療機関へ1億5800万円を、(2)同社の事業所が所在する市区村へ3700万円を支援します。

※JRA発表による