岩田望来が騎乗停止 京都7Rにおける降着・制裁

 1日、京都競馬場で行われた第7Rで、1位に入線した4番メイショウサンガ(岩田望来騎手)は、最後の直線コースで外側に斜行し、2番ナリタザクラ(松山弘平騎手)の走行を妨害した。

「ベストターンドアウト賞」受賞者の発表および受賞者コメント

 その走行妨害がなければ被害馬ナリタザクラは加害馬メイショウサンガに先着できたと裁決委員が認めたため、4番メイショウサンガは2着に降着となった。

 この件について、岩田望来騎手は、11月14日(土)から11月22日(日)まで9日間の騎乗停止となった。

※JRA発表による