仏重賞勝ち馬 サヴァランが引退、繁殖入り

(C)Yushi Machida

 キーファーズ代表の松島正昭氏が、社台ファーム代表の吉田照哉氏との共同所有馬する、サヴァラン(牝3・仏・A.ファーブル)の現役引退を23日、キーファーズ公式ホームページ「キーファーズサロンで発表した。

【富士S】福永「自分の馬のリズムを守って」ヴァンドギャルドが重賞初制覇

仏重賞勝ち馬 サヴァランが引退、繁殖入り
仏重賞勝ち馬 サヴァランが引退、繁殖入り

フランス重賞勝ち馬

 通算成績4勝2勝で、仏G3オマール賞で重賞制覇を飾った。父ディープインパクト、母サラフィナの良血馬で、今後は繁殖牝馬としての活躍が期待される。初年度の交配相手はルアーヴルが予定されてとのこと。