【盛岡・OROターフスプリント】ツーエムマイスターが4馬身差で圧勝!

(C)岩手県競馬組合

 24日、盛岡競馬場で行われた8R・OROターフスプリント(M2・3歳上オープン・芝1000m)で2番人気、岩本怜騎乗、ツーエムマイスター(牡8・岩手・飯田弘道)が快勝した。4馬身差の2着にナリタスターワン(牡8・岩手・板垣吉則)、3着にウインオスカー(牡7・川崎・河津裕昭)が入った。勝ちタイムは0:58.6(良)。

 1番人気で山本聡哉騎乗、ケンガイア(牝4・船橋・新井清重)は、10着敗退。

水沢競馬場でさつまいもの収穫祭を開催

トライアル・ハーベストカップに続いて芝1000mを逃げ切り、初重賞を獲得

【盛岡・OROターフスプリント】ツーエムマイスターが4馬身差で圧勝!
(C)岩手県競馬組合

1着 ツーエムマイスター
岩本怜騎手
「前回(ハーベストカップ)も逃げて勝ちましたから、今日も逃げ以外の選択肢はないと思っていました。あとはペースを落ち着かせ、直線勝負だろうと考えていましたが、ずっと手応えが良くてこれなら勝てると思いました。今回のメンバーでも一番速い。すばらしいスピードを持っていますから、これからも楽しみです」

飯田弘道調教師
「前回もいい状態でしたが、今回はさらにいい仕上がりで臨むことができました。雨の影響で先行有利の芝になったのも勝因だったと思います。交流競走で前走より相手が強くなりましたが、4馬身差ですからね。1000m適性が高いなと改めて思いました。次走については遠征も視界に入れながら、オーナーと相談して決めます」

ツーエムマイスター 47戦8勝
(牡8・岩手・飯田弘道)
父:メイショウボーラー
母:アウロラハート
母父:ゴールドアリュール
馬主:水谷昌晃
生産者:丸幸小林牧場

【全着順】
1着 ツーエムマイスター
2着 ナリタスターワン
3着 ウインオスカー
4着 コスモペリドット
5着 マルパソ
6着 ラッキーバローズ
7着 ガーシュウィン
8着 ケイエスソード
9着 スタークニナガ
10着 ケンガイア
11着 アリストレジェンド