マイラプソディは放牧休養へ

(C)Yushi Machida

 神戸新聞杯で18着に敗れたマイラプソディ(牡3・栗東・友道康夫)は、肺から来る鼻出血の影響で放牧に出ることが、同馬所有するキーファーズのホームページ「キーファーズサロン」で発表された。

マイラプソディは鼻出血を発症

マイラプソディは放牧休養へ
マイラプソディは放牧休養へ

友道師「しばらく休ませます」

 管理する友道師の談話によると「明日、ノーザンしがらきへ放牧に出します。栗東に帰ってからは、飼葉も食べてますし、異常はありません。しばらく休ませます」と、しばらく休ませることを語った。

 今後は十分に休ませて、体調を管理しながら復帰を目指すとのこと。