【宝塚記念】北村友「手応え十分」クロノジェネシスが圧勝!

(C)スポニチ

 28日、阪神競馬場で行われた11R・宝塚記念(G1・3歳上オープン・芝2200m)で2番人気、北村友一騎乗、クロノジェネシス(牝4・栗東・斉藤崇史)が快勝した。6馬身差の2着にキセキ(牡6・栗東・角居勝彦)、3着にモズベッロ(牡4・栗東・森田直行)が入った。勝ちタイムは2:13.5(稍重)。

 1番人気でC.ルメール騎乗、サートゥルナーリア(牡4・栗東・角居勝彦)は、4着敗退。

【宝塚記念】クロノジェネシスが6馬身差の圧勝!キセキが2着

【宝塚記念】北村友「手応え十分」クロノジェネシスが圧勝!
【宝塚記念】北村友「手応え十分」クロノジェネシスが圧勝!

6馬身差の圧勝

 鞍上の北村友一騎手はホッとした表情でレースを振り返った。「終始折り合い良く、リズム良く回ってこれました。馬が自然に上がっていってくれた。手応えも十分でした」と愛馬の走りを称賛した。

 G1馬8頭が出走した豪華な上半期のグランプリは、クロノジェネシスが圧倒的な走りを見せ、スタートから先行各馬を見ながら中団やや前めの位置をキープ。得意の道悪で終始行きっぷりも抜群で、3、4コーナー中間から一気に押し上げていき、直線では完全な独走態勢で6馬身突き放した。

クロノジェネシス 11戦6勝
(牝4・栗東・斉藤崇史)
父:バゴ
母:クロノロジスト
母父:クロフネ
馬主:サンデーレーシング
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 クロノジェネシス
2着 キセキ
3着 モズベッロ
4着 サートゥルナーリア
5着 メイショウテンゲン
6着 ラッキーライラック
7着 トーセンスーリヤ
8着 トーセンカンビーナ
9着 ダンビュライト
10着 レッドジェニアル
11着 スティッフェリオ
12着 カデナ
13着 ワグネリアン
14着 アドマイヤアルバ
15着 ペルシアンナイト
16着 ブラストワンピース
17着 グローリーヴェイズ
18着 アフリカンゴールド